Javaアプリケーションで
お困りですか?

弊社の Java Service Wrapper 製品ラインは、Java アプリケーションをネイティブ Windows サービスや UNIX デーモンプロセスのようにインストール及びコントロール可能にできるだけではなく、アプリケーションをモニタリングし事前に障害を検知する機能も含まれている優れたツールです。これは、多種多様な機能をカバーすることでミッションクリティカルなアプリケーションの毎日24時間の稼働時間を保証するのに役立ちます。

Java Service Wrapper はクラッシュ、フリーズ、メモリー不足などの例外事象を検知し、問題がある際、メールにて利用者にお知らせします。メール通知で終わりではなく、自動的にアプリケーションをシャットダウン及び最小限の遅延で再起動することで、上記のイベントのいずれかに自動的に対応でる Java Service Wrapper はその点で一意です。これらの特徴や機能は、ご利用のアプリケーションやサービスを最大限に活用できるように役立ちます。

システム管理をされている方はご存じの通り、休暇中、食事時、就寝時であっても、何か問題が発生すると 携帯電話等で連絡を受けなければならないという現状です。Java Service Wrapper を利用するとシステムに問題があった場合は、状況を報告し、最小限の時間内でシステムを再起動するので今までシステム管理者が抱えていたような問題から解放されて余暇の時間にはリラックスできることでしょう。

Java Service Wrapper がやってくれることとは?


Java Service Wrapper 監視

監視

Java Service Wrapper は、JVM の稼働状況をモニタリング(監視)し、問題発生時に自動復旧と問題の内容と原因を通知します。


もっと詳しく

アラート

Java Service Wrapper は、Java アプリケーションに問題が発生したときに通知メールを送信し、何が起きたかを知るためのログスナップショットを添付して、顧客により良い技術サポートを提供するツールを提供できます。


もっと詳しく

Java Service Wrapper トリガーソリューション

トリガーされた JVM のシャットダウン、再起動、スレッドダンプ

Java Service Wrapper では Java アプリケーションやイベントにより、JVM シャットダウンと再起動をトリガーすることが可能です。スレッドダンプを取得することも可能で、簡単なデバッグ目的や充実した顧客サポート提供のためにご活用いただけます。


もっと詳しく

単純性

Java Service Wrapper は簡単なインストール手順ですぐに利用可能です。一番簡単なインテグレーション方法では、Java アプリケーションにコーディング追加は一切不要です。


もっと詳しく



Java Service Wrapper クロスプラットフォーム

クロスプラットフォーム

Java Service Wrapper は、各社で追加的な開発などを必要とせず、簡単に Windows サービスとして Java アプリケーションを動作させることができます。この機能は、Java Service Wrapper 製品の全てのエディションに含まれています。 The Java Service Wrapper makes it easy to turn almost any Java application into a Windows Service in minutes without additional development from your part. The tools for this are included in our product.

LEARN MORE

追加的な開発などを必要とせず、UNIX デーモンとして Java アプリケーションをインストールして動作させることができます。この機能は、複数の UNIX と Linux フレーバー にインストールできます。

LEARN MORE


マッピング

Java Service Wrapper では、Windows サービスとして動作する際に、自動的にネットワーク ドライブをマッピングすることができます。


もっと詳しく

Java Service Wrapper イベント予約

イベント予約

Java Service Wrapper では、イベント予約や JVM 内で発生したイベントに応じたアクションを設定できます。


もっと詳しく

ポータビリティ

Java Service Wrapper では設定したタイムゾーンでのタイムスタンプでイベントやログ化を実施します。適切な タイムゾーンを設定する ことで、希望どおりの管理スケジュールやイベント予約が可能です。


もっと詳しく

あなたに最適な Java Service Wrapper ライセンスは?

機能
スタンダード版
プロフェッショナル版

Windows サービスと UNIX デーモンとして動作

コーディング不要な簡単インテグレーション

JVM からの全てのコンソール出力をキャプチャしてログ化

ワイルドカードで柔軟なクラスパス設定が可能

作業ディレクトリーのカスタマイズ

JVM モニタリング(監視)機能でオンデマンド再起動

シングルインスタンスの強制

プロセス優先度のコントロール

トリガーされた JVM のシャットダウン、再起動、スレッドダンプ

JVM タイムアウトの一時停止/再開

完全なローカライズに対応した Java Service Wrapper

ユーザーアプリケーションをローカライズする機能

高度なエンコーディング機能

Java スレッドデッドロックの自動検知および自動応答

Windows サービスとして動作する際に、ドライブのマッピング設定

リモート syslog サーバーへ全てのプラットフォームからログ化できる機能

メモリ制限をパーセント率で設定可能

コンソールなしの Wrapper バイナリを提供(Windows 版)

アイコンのカスタマイズ(Windows 版)

スプラッシュスクリーンのカスタマイズ(Windows 版)

シングルインスタンスモード中の第二インスタンスへの対応のカスタマイズ(Windows 版)

Wrapper バイナリの中にコンフィギュレーションの埋め込み

イベントやログ出力のタイムゾーンをコントロール

サービスリカバリー(回復)機能の設定(Windows 版)

ユーザー定義アクションやユーザー定義イベントの設定

ログスナップショットに応答するメール通知

イベントコマンドとイベント予約

最小メモリでのチャイルド(子)プロセス作成

チャイルド(子)プロセス管理

プロセッサアフィニティ

サービス権限


フリートライアル 今すぐ購入